Welcome to Town of Pavilion (北米版) 鹿鳴館村 第2章へ

夢番地 鹿鳴館村:3200-0140-5192  Pavilion村: 4500-2485-7663

渾身の一撃!鹿鳴館村で。

雪が舞い散る鹿鳴館村に、

とってもご無沙汰していたグレース姉さんの来訪がありました。

f:id:ymiyazakipkwy:20130201112532j:plain

あまりの村長の服のセンスのなさに、鹿鳴館村での出店を

完全にスルーされたのかと思っておりましたので、喜びも絶大です。

 

しかし・・・、

鹿鳴館村長、このファッションチェックをされるのが大の苦手で、

今まで幾度となくダメだしをくらいあえなく退散・・・

という暗い過去をひきずっているのです

 

しかしです!

 

鹿鳴館村に高島屋のような老舗デパートを設立するため、

鹿鳴館村のみなさまの期待を一身に背負い、

今回こそはパスしたい村長なのでした。

 

そして、いただいたのは、

f:id:ymiyazakipkwy:20130201112549j:plain

なんとなく異国の口紅のカラー名のようなお題。

求められているのは、いわゆる変体ルック」です。

これなら。。。いけそうです!

 

村長、完全に私物化している博物館のクローゼットに走りました。

f:id:ymiyazakipkwy:20130201113546j:plain

いろいろ試しました。

 

が、

 

手持ちのクレイジーアイテムの少なさから、

とりあえずあるもので間に合わせる作戦になってしまいました。

 

風邪引いたときに大活躍したばいきんマンのかぶりものと、

変な柄のシャツと、ピエロのくつを身にまとい、

f:id:ymiyazakipkwy:20130201113738j:plain

人並みの羞恥心は持ち合わせる村長、村のみなさまに見られる前に

足早にグレース姉さんのもとへ急いだのでした。

 

最初に姉さんの口から「てんでばらばら・・・」とでたので、

やっぱしだめかー!とあきらめかけたところ、

f:id:ymiyazakipkwy:20130201113823j:plain

そうなんです!これがわたくし、村長の精一杯の変体ルックございます!

・・・ということで、お情けで「特別に合格」させてくだすったのです。

しかし、邪道って、

ばいきんマンルックの村長にはしっかりほめ言葉なんですけどね。

 

とにもかくにも、デパート設立までもう少しです。

 

鹿鳴館のみなさま、わたくし村長、また一歩、

みなさまの夢を叶えるべく、前進いたしました!!

ありがとう!

 

夢広がるそんな鹿鳴館村で、私は今日も元気にしています。

元気ですか?

 

夢の中で会えるかも!

鹿鳴館村 夢番地:3200-0140-5192 

 

日記を毎日つけるモチベーションを保つために、ランキング投票に参加しています。

↓ こころやさしい愛の一票をよろしくお願いします。


どうぶつの森 ブログランキングへ