Welcome to Town of Pavilion (北米版) 鹿鳴館村 第2章へ

夢番地 鹿鳴館村:3200-0140-5192  Pavilion村: 4500-2485-7663

鹿鳴館村長、恋をしました。

5月に入り、

 

鹿鳴館村では、

 

大きな変化が立て続けにおこっていました。

 

まず、

 

えみりちゃん邸の跡地に作ったばかりの「和みの空間」は、

 

村民の皆様が和む暇もなく

 

気付かないうちに新しい住民さんのお家が建てられていたのでした。

和みの池は、哀しくも破壊され・・・。

f:id:ymiyazakipkwy:20130506015252j:plain

 

そして、新しく鹿鳴館村に仲間入りしたのは、

f:id:ymiyazakipkwy:20130506015657j:plain

丘の上の王子さま」にそっくりなアンソニー!(森名もアンソニー)

f:id:ymiyazakipkwy:20130506032830j:plain

Googleイメージ検索より)

 

アンソニーといえば、

 

紹介が長くなりますが、

鹿鳴館村長の人生の教科書といっても過言ではない

あの少女マンガの名作キャンディキャンディ」のヒロイン、

キャンディの初恋の相手、「バラの君」のアンソニーさまです!

 

ああ、

 

でも、

 

鹿鳴館村が誇る和庭園のど真ん中にお家を建てるなんて・・・、

 

かなりの「日本びいき」なんですねー(今回は都合よく解釈)。

 

 

でも、鹿鳴館村にきていただいた以上、

 

アンソニー様には、

 

バラ育てていただかないと

 

鹿鳴館村長、村の南の特産さくらんぼ園の木をすべて伐採し、

f:id:ymiyazakipkwy:20130506020531j:plain

f:id:ymiyazakipkwy:20130506021049j:plain

アンソニーさんのため

 

鹿鳴館村のため

 

一生懸命、バラ園の礎を築きました。

 

 

しかし・・・、バラ園造りに夢中になり、

 

 

またもや村民の皆様との交流を怠った学習能力のない村長なのでした。

 

 

鹿鳴館村のオザケンこと、オカッピが引っ越していったことに気がついたのは、

f:id:ymiyazakipkwy:20130506020830j:plain

だいぶあとになってからでした・・・。

 

大好きな村民のみなさまとの突然のお別れは、

何度経験しても、慣れません。

 

さて、話は戻りますが、

 

バラ園を造っているときに、

「自然に芝生が剥げてできる獣道」がほしいなと思ったんです。

 

同じところを毎日歩いていると、

通常は、獣道は自然にできるはずなんですけど。

 

なかなか。。。

 

短気な村長、

待てぬなら、自分でつくろう、けものみち

 

ということで、描きました。

 

↓ まずは、試作品です。

f:id:ymiyazakipkwy:20130506021313j:plain

獣道なのに、

かなり整備された人工的な小道になってしまったので、

 

 

↓ あえて、小道の上に残してみました

f:id:ymiyazakipkwy:20130506031307j:plain

 

この獣道のマイデザイン縦と横バージョン両方あります。

 

夢見から、お持ち帰りできるようにしてあります。

よろしかったら、どうぞ!

夢番地:3200-0140-5192 

 

そして、

 

バラ園の開発のほうも順調にすすみ、

f:id:ymiyazakipkwy:20130506031513j:plain

 

和庭園のアンソニーさんの家の周囲には、

ありたけの極上の金のバラも植えてあげました。

 

f:id:ymiyazakipkwy:20130506031419j:plain

 

早速、 バラの輝きに、酔いしれている模様です。

 

 

そして、必死にバラ園を造った効果もあって、

f:id:ymiyazakipkwy:20130506031354j:plain

アンソニーさんの心をぎぅっと掴むことができた村長なのでした。

 

末永く、よろしくお願い致します。 

 

 

そして、鹿鳴館村では、

 

まだまだ、驚きがありました。

 

バラの園&オカッピさんの跡地のそばに、

 

早くも住人さんが!

 

今、巷は引越しブームなんですか?

f:id:ymiyazakipkwy:20130506032004j:plain

なんだか、すごく和風な名前です。

 

もしかして、アンソニーさんがこちらのエリアで、

ふくこさんが和庭園エリアにきてくれていれば、

 

村づくり的には完璧だったかも・・・。

 

なんて、簡単にはいかないから、村長の仕事はおもしろいんですよね。

 

そんな鹿鳴館村で、私は今日も元気に暮らしています。

 

 元気ですか?

 

昨日も今日も明日も恐縮です。気がむいたら、どちらかに1票、お願いします。

どうぶつの森 ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ どうぶつの森へ

にほんブログ村 

 

夢の中で会えるかも!

夢番地:3200-0140-5192 

 ■鹿鳴館村のページ http://yumemori.com/662