読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome to Town of Pavilion (北米版) 鹿鳴館村 第2章へ

夢番地 鹿鳴館村:3200-0140-5192  Pavilion村: 4500-2485-7663

鹿鳴館村長がゆく-ムッチムチ村との外交篇-

村の外交

週末の「鹿鳴館外交」番外編も2回目になりました。

 

今回は鹿鳴館村長の永遠のライバル(?)ともいえるかもしれない

イーノ村長率いるムッチムチ村 へ視察に訪れることに成功いたしました!

f:id:ymiyazakipkwy:20130119132819j:plain

偶然とは怖いもので、イーノ村長とはかつて一度だけ、お忍びの一人旅をしたときに、たまたまぶらり寄らせてもらったことがあったのです。当時のムッチムチ村はまだまだ未完成でした。

まさか、あのときのゆきずりで知り合ったイーノ村長とこのように再会し、このようなライバル関係になるとは 夢にも思いませんでしたが、それはまた別のお話・・・。

 

ムッチムチ村に到着し、イーノ村長の登場です。

村長らしい威厳のあるご挨拶。

f:id:ymiyazakipkwy:20130119134243j:plain

そして、この顔看板は・・・なぜか、

ザリガニと、おトイレをがまんしているイーノ村長ご自身

をモチーフにされたのでしょうか・・・。なんて奇抜なスタイル、素敵です。

 

さて、そんなムッチムチ村ですが、実は、わたくし鹿鳴館村長が当初描いていた

鹿鳴館村の理想郷ともいえる完璧な和の空間が完成されていたのでした。

 

みてください。見事な枯山水と竹の融合と石畳

f:id:ymiyazakipkwy:20130119133448j:plain

そして、月の美しさ際立つ竹林。

f:id:ymiyazakipkwy:20130119134619j:plain

目に焼き付けました。

 

でも・・・こんなに美しい村ですが、きっとなにかイーノ村長ご本人も知らないような事実が隠されているに違いない!!と思ったわたくし、

f:id:ymiyazakipkwy:20130119134810j:plain

ムッチムチ村のみなさまのことばに、さりげなく耳を傾けてみることにしました。

 

まずは条例のこと。

f:id:ymiyazakipkwy:20130119134818j:plain

いえ、知りませんでした。

f:id:ymiyazakipkwy:20130119134822j:plain

 そうなんですね!どおりで・・・

f:id:ymiyazakipkwy:20130119140628j:plain

 自治体のど真ん中で、いきなりゴミ箱が自己主張してたわけです!

 

そして、ジェシカさん、興奮して秘密を教えてくれたんです。

f:id:ymiyazakipkwy:20130119134829j:plain

 なんと!! 食卓の残り物を盗み食いしたり、ものを隠したりする座敷わらしがでなくなったんですね!! 鹿鳴館の村長宅は、これに悩まされているので、うらやましい限りです。

 

そして、徹底したイーノ村長の方針なのでしょうか・・・、

f:id:ymiyazakipkwy:20130119140704j:plain

貧しく苦しいころの日本を必死に演じる村民のみなさまの涙ぐましい努力に、

感動いたしました。

 

しかも、その徹底した方針はここまで・・・

f:id:ymiyazakipkwy:20130119134728j:plain

村民のみなさまの衣装は たすき&もんぺです!

なんというこだわり!

と感心させられたのですが、残念ながら、村民のみなさまには

f:id:ymiyazakipkwy:20130119134733j:plain

微妙に婉曲されたデザインとして伝わってしまっていたようです・・・。

んー、ザンネン!

 

それから、ちょうどあかりのついているおうちを見つけたので、

立ち寄らせてもらいました。

f:id:ymiyazakipkwy:20130119134941j:plain

f:id:ymiyazakipkwy:20130119135003j:plain

村民にフツーにアイツ呼ばわりさせているイーノ村長の

きさくなお人柄がうかがえたのでした。

 

とりあえず、どこをまわればいい?と聞いてみると、

f:id:ymiyazakipkwy:20130119135020j:plain

f:id:ymiyazakipkwy:20130119135028j:plain

というので、足を運んでみました。

f:id:ymiyazakipkwy:20130119135401j:plain

ほんとうにちょうどいい広さです。

5時起床の「太極拳を愛する会」の発足もお奨めいたます。

 

そして、いよいよイーノ村長のご自宅にお邪魔させていただきました。

なんとも昭和な雰囲気です。しかし、、、

 

お部屋は質素にみせて、なんとも庶民派なイメージをアピールされていますが、

だまされてはいけませんよ、みなさま!

f:id:ymiyazakipkwy:20130119140323j:plain

よくみてみてください!その食卓には、

おとりよせしただろうと思われる高級たらばがにをフンダンにつかった海鮮なべと、伊勢えび使用のてんぷらうどんが並んでます。

おまけに、デザートにはおフランスのなんとかっていうむずかしいカタカナのハイカラなロールケーキまで!!

 

そう、実はとってもいい生活をされているのです。

それにしても、いい香りでした。

 

ついでに、今後の参考までに、パソコンに保存されているだろう

イーノ村長の「お気に入りブックマーク」もこっそりチェックしておきました。

f:id:ymiyazakipkwy:20130119140300j:plain

・・・!  ワーオ。。。

でも、それはまた別のお話。

 

そして、うわさの地下には。。。おみせできずにザンネンですが、

イーノ村長の次期選挙活動の下準備がちゃくちゃくとされていたのでした。

 

なるほど・・・ああすればいいんですね。勉強させていただきました。。。

 

最後になってしまいましたが、イーノ村長、こんな腹黒い鹿鳴館の村長を

快く村にお招きくださりありがとうございました。

 

ムッチムチ村の益々のご発展を陰ながらお祈りしています!!

f:id:ymiyazakipkwy:20130119140048j:plain

写真:無邪気で純真なイーノ村長    提供:鹿鳴館

 

ご注意*この物語は鹿鳴館村長の勝手な推測と憶測からうまれた完全なるフィクションです。ムッチムチ村のファンのみなさま、心からお詫び申し上げます。)

 

イーノ村長のムッチムチ村に行こう!日記

こちらからどうぞ!!


どうぶつの森 ブログランキングへ