Welcome to Town of Pavilion (北米版) 鹿鳴館村 第2章へ

夢番地 鹿鳴館村:3200-0140-5192  Pavilion村: 4500-2485-7663

公共事業

鹿鳴館村、船乗り達の夢の空間、オープン。

この鹿鳴館村の海沿いに建てられた「海の家」に、 お気に入りの曲をオルゴールにして飾ってあるお部屋があります。 このお部屋の間下にあたる地下室は、ながらく物置きだったのですが、 このたび、 船乗り達が、地上ですごす短い時間をもっと楽しめるように…

鹿鳴館村、村長の失敗。

ここ数日、脇目もふらずに土木仕事ばかりに専念してた村長、 住民のみなさまの視線を感じつつも、 ろくに挨拶もせずにスルーしていたのです。 村長として、あるまじき行為です。 しかし毎回、学習能力のない村長、またもや、やってしまいました・・・。 土木…

鹿鳴館村、花壇プロジェクト、再び。

その昔、公共事業がマックスに達し、 公共事業で作った花壇を泣く泣くあきらめた結果、 自ら花壇のデザインを強いられ、 マイデザインで苦戦して作った丸太花壇がコチラです。 ↓ このいびつな手作り感に、まあまあ満足してたものの、 昨日、Noon♪村で見た芸…

鹿鳴館村、開花する女子の友情?

*お願い*はじめてブログをみてくださる方は、先に村長の独断と偏見による鹿鳴館村の住民の芸能人そっくりさん紹介を先にご覧くださいませ。→こちら:パート1 パート2 最近、 やたら乙女をアピールする大島さんから、 女子力全開な公共事業のリクエストが…

鹿鳴館村長、ひさびさにがんばりました。

一ヶ月ほどまえ、公共事業が30に達し、 泣く泣く花壇2つ、消し去るほかなかった鹿鳴館村でした。 (当時の様子はコチラから) あれから、はや一ヶ月。 「花壇は、花壇はどこ。」 と住民のみなさまから苦情がすごいので、 花壇作りに着手しました。 最初に…

鹿鳴館村の夢の町計画、進捗状況。

最近、鹿鳴館では、真冬の極寒の中で、 居眠りする危険な住民が多発。。。 オパールちゃん、寝ちゃダメーー!! 凍死しちゃいますからーー!! 心配した村長、夜の見回りを強化しました。 八代さんも居眠り寸前だったのを、必死に揺り起こしていたら、 らっ…

村づくりに協力的な鹿鳴館村の仲間たち。

鹿鳴館村は今日も平和です。 これといって目新しいことはないので、普通の村日記です。 昨晩はまたリかセンが開いていました。 中では、事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ!! と言わんばかりの臨場感で、リセットさんとラケットさん…

突然、鹿鳴館に起こったワンダーの数々。

昨日は、森では特にイベントがない物静かな1日でしたが、 きみどり村からお迎えしたまいこちゃんが 幸運を運んできてくれたのか、 鹿鳴館村では、素敵なことが目白押し!だったのでした。 まず、クロベエおにいさま。 村長に、ご自分のコレクションのひとつ…

ゆく年、くる年、鹿鳴館村。

鹿鳴館村も、いよいよ今年の締めくくりです。 村長、2012年は11月7日(日本時間の8日)に現職に就任してから、 さまざまな苦労がありました。 11月末、交番建築予定地に「フランソワ様入居」、 12月末には、連続でお気に入りスペースがのっとられてしまいま…

クリスマス前の鹿鳴館村では。

クリスマスまで、あと5日です。 記念樹広場の隅に設置された大型モニターは、 ひっそりと、しかし赤裸々に広告塔として活用されているようで、 そのうち、自分の選挙の宣伝とかに使えるかどうか、 しずちゃんに相談してみようと思うのでした。 さてさて、 鹿…

そして鹿鳴館は12月に。

12月に入って、鹿鳴館村では、早々に初雪が観測されました。 キャンプ場にも、よその村から誰かが泊まりにきてたり。 村が村っぽくなってきたなーとほくそ笑む そんな鹿鳴館村のある日、 突然、まさかの「スフィンクスを村に置こう」運動が勃発。 えーーーー…